プレミアムな1枚を作ってみよう

category

calendar

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

本格的な仕上がりのトレカ作成

ノベルティや販促品の1つとして、トレカの作成を選ぶ企業が増えています。トレカは若い人を中心に親しまれているグッズで、喜んでもらいやすいのが特徴です。キャラクターをプリントするのにも適しており、商品やサービスなど様々な販促に活用できます。
トレカは仕上がりの品質が重要であるため、家庭用プリンターなどを使うよりも、トレカの作成を行ってくれる業者に依頼するのが1番です。印刷品質が非常に高い上に、紙質や表面のコートなど所有欲を満たすトレカを作成してくれます。
注文する前に、作成してもらうトレカのサイズを決めておきます。一般的なトレカのサイズは長辺が90mm程度なので、それに近いものを選びます。コストを下げたい時には、1段下のサイズを選んでおくと割安に印刷できます。従来のトレカとは違ったものに仕上げたいなら、変わったサイズにするのも効果的です。
いくつかのオプションも指定しておくと、より本物のトレカに近い仕上がりになります。ラミコートを選ぶと、カードの表面に特殊加工を施すことができます。紫外線で硬化させた表面はカードの耐久性を上げ、ホログラムのような輝きをもたせることも可能です。トレカらしさを表現するために、カードの4隅を角丸カットするのもおすすめです。

レアなトレカの作成は素材選びがポイント

トレカにはいろいろな種類があります。ノーマルなものから超レアなものまで、カード1つ1つに異なる価値が付加されています。だからこそコレクションのしがいがあるものになっており、珍しいトレカを手に入れたときの喜びはひとしおのものがあると言えるでしょう。
そんなレアなトレカ、実は作成業者に依頼すれば作ることができるんです。オリジナルのデザインで作るのですから、ノーマルであっても世界でたた1つのアイテムには違いありませんが、見た目に差をつけられるという点において、レア度が生まれるのです。
どういうことかというとトレカの素材にはいくつかの種類があります。まずノーマルにはカード紙と呼ばれるものが使われており、レアカードにはホログラムという特殊な紙が使用されています。トレカの作成を頼む際、素材も指定することができるため、誰でも高級感溢れるオリジナルカードを作ることができるというわけです。
また素材だけでなく、特殊加工も選択することが可能です。この特殊加工もトレカの見た目に影響を与える要素であり、素材との組み合わせによって印象もガラリと変化します。自分なりの面白い組み合わせを探すのも楽しいかもしれません。
このようにトレカの作成においてはデザインだけでなく、素材や加工もオリジナリティに関係してくるのです。

sub menu

2017年10月17日
魅力的なトレカをプロへ作成依頼を更新しました。
2017年10月17日
プレミアムな1枚を作ってみようを更新しました。
2017年10月17日
覚えておきたいトレカ作成の常識を更新しました。
2017年10月17日
良い素材で理想的なトレカを作るを更新しました。